menu
漢方 幸梅堂 フリーダイヤル 漢方 幸梅堂 フリーダイヤル

漢方から見た
「肥満」と
「ダイエット」

肥満はさまざまな生活習慣病をひき起こします。
現在では「メタボ」などと呼ばれ治療の対症になっています。
肥満は単にプロポーションだけの問題でなく、体全体、心臓や血管に負担をかけて、
高血圧、心臓病などや糖尿病や動脈硬化、高脂血症、痛風といった
生活習慣病を引き起こすことになります。
病気になってからあわてないように、まずは肥満度チェックしましょう。

● 中医学からみた肥満

「実証タイプ」

いわゆる固太りのがっしり型で食べすぎによるカロリーの摂りすぎで体内の脂肪分が増えたり、
体質的に脂肪が蓄積しやすいタイプの肥満です。
このタイプは、疲労倦怠感はあまりなく食欲旺盛で活動的な傾向があります。
他にのぼせやすい、暑がり、便秘がち、口が渇いて水分を多くとる、血圧が高いなどの傾向があります。

【解消方法】

このタイプの人は高カロリーのこってりした濃厚な食事を好む人が多いので食事の量を減らして運動することが脂肪を減らす早道です。
漢方薬としては、清熱作用のあるものがよいでしょう。
イライラやのぼせなどの症状のある人には清熱寫火作用のあるものがよいでしょう。

「虚証タイプ」

虚証タイプ

水太りタイプのぽっちゃり型で体液の過剰によるむくみを伴うものがほとんどです。
胃腸や腎臓などの働きが弱く、そのため新陳代謝が悪くなって体中に余分な水分や脂肪をため込んでしまいます。
他に疲れやすい、冷え証、むくみやすい、息切れや動悸などの症状も出やすいです。

【解消方法】

過激な運動や低カロリーの食事は逆に体力を低下させて胃腸を弱めます。
胃腸の働きを助けて体を温めて新陳代謝を促進する食事をしましょう。
中医学では胃腸を丈夫にする漢方薬や余分な水分を代謝する漢方薬がおすすめです。

● ダイエットの基本はあくまでも食事療法と適度な運動♪

ダイエットの基本はあくまでも食事療法と適度な運動♪

ダイエットの基本はあくまでも食事療法と適度な運動です。
肥満は長い間の生活習慣が作り上げたものです。
気長に生活の改善をすることがダイエットの成功法です。

【便秘がちで熱のこもりやすい実証タイプの肥満には】

「はぶ茶」や「緑豆」「菊花」などの体を冷ます物を摂るようにしましょう。
「しそ」や「いんげん」「トマト」などで血行を促進して代謝を上げ、
「コンニャク」や「海藻類」「ほうれん草」「トウモロコシ」などで便通の改善をします。

【疲れやすく、むくみがちな虚証タイプの人は】

胃腸を丈夫にして余分な水分を排出するのが大事︕
「カボチャ」や「山芋」「大豆」「ニンジン」「なつめ」や「鶏肉」などで胃腸を丈夫にしましょう。
そして、「トウモロコシ」や「セロリ」「セリ」など利尿効果のあるもので 水分代謝をよくしましょう。
生野菜は体を冷やして胃腸の機能を低下させるにで逆効果です。
「しょうが」や「ネギ」など体を温める薬味を上手に利用しましょう。

※過激なダイエットは健康を損なうだけでなく、一時的に痩せても、ダイエット前よりも太りやすい体質になっています、 リバウンドしやすく、体の調子も悪くなります。
自分の体質を知って、間違ったダイエットをしないように気をつけてください。
特に女性は貧血や冷え性、生理不順や無月経などを招きますので特に注意して下さい。