menu
漢方 幸梅堂 フリーダイヤル 漢方 幸梅堂 フリーダイヤル

生理痛

女性の健康は血液と密接な関係があります。
血液が不足したり、血流が悪いとさまざまな症状が現れます。
生理痛もその一つです。体質だからとあきらめずに
中医学で症状を緩和して楽しく過ごせるようにしましょう♪

● 生理痛は病気のサイン

生理が始まると下腹部に重苦しさや、痛みなどを感じる女性が多くみられます。
生理痛と言っても個人差が大きく、下腹部が重い、だるいというだけでなく、中には生理痛が激しくて、寝込んだり、鎮痛 剤を飲まないと我慢できないような人もいます。
日本の女性の中には、生理痛は病気ではないと思っている人が多いようですが、中医学では痛みがないのが本来のあり方です。
強い痛みがある場合は子宮筋腫や子宮内膜症などの疑いがあります、たかが生理痛とあなどらないで、きちんと病院で検査してください。

● 生理は健康のバロメーター

生理は健康のバロメーター

子供を産むという大切な機能がある女性の健康は、血液ととても深い関係があります。
それだけに毎月訪れる生理は健康のバロメーターです。
気や血の不足、停滞が生理痛の原因。生理痛も原因により改善方法が違ってきます。
中医学では生理痛は「血」と「気」の流れが悪く滞っていたり、不足したりするために起こるとされています。

● タイプ別症状

【お血・・血行不良タイプ】

(症状)

生理痛の痛みは強く、周期は遅れがち、経血量は多く、粘りがあり、レバー状のかたまりがある、経血の色はくすみがちな赤黒色、日数は長い目、頭痛や肩こりがあり肌はくすみやすい。

【血虚・・血液が不足しているタイプ】

(症状)

周期は遅れぎみ、生理後または終わる頃から腰やお腹が痛い、だるくて疲れやすい、貧血、めまい。立ちくらみなどがある。経血の量は少ない目で、色は薄い赤色で水ぽい、日数は短めで肌は荒れやすい。

【気滞・・気の流れが悪いタイプ】

(症状)

生理前にお腹が張って痛い、むくみやイライラしやすい、経血の量や色は普通ですが、周期が不安定、首や肩のこりがある。

【気虚・・気が不足しているタイプ】

(症状)

生理以外に不正出血がある、生理前にむくむ、生理中はだるさや疲れを感じやすい、経血の量は普通ですが、色は薄く水っぽい、顔色は青白く寒がり。

● 気と血を補い流れを整えるのがポイント!

生理は健康のバロメーター

気も血も不足した「気血両虚」の人やお血や血虚など、複数のタイプを持つ人がほとんどです。
基本は気と血を補い流れを整えるのがポイントです。
血を補って血行をよくする漢方薬やお血を緩和する漢方薬がおすすめです。
女性に多く見られる冷え症は生理痛を悪化させます。
生理痛の時に飲む鎮痛剤もあくまでも一時しのぎです。
普段から体を温め、ストレスを解消して気を補って体質を改善することが大切です。

● 一番大切な食生活

生理は健康のバロメーター

ショウガやニラ、ニンニク、ネギ類、ホウレン草などの野菜や
サバやアジ、アジ、エビなどの体を温めて代謝を活発にする食べ物で血行を促進しましょう。

● 生理中は…

また、生理中はプルーンやナッメ、松の実や豆類、レバー、アサリ、黒ゴマなどの血を補う食べ物をとりましょう。
気を補うには、シイタケやシメジなどのキノコ類やイモ類がおすすめです。
また、ストレスがたまると気が滞りやすいのでイライラしやすい人はシソや春菊、セロリなどの香りのある食べ物をメニューの加えてみてください。

反対に生理の時に避けてほしいのが、ジュースやビールなどの冷たい飲み物や生野菜、刺身といった体を冷やす食べ物、野菜や魚も生で食べると胃腸に負担をっけて、消化や吸収が悪くなりますし、体を冷やす原因になります。
野菜は温野菜にして、冷たい飲み物は控えましょう。

食事以外でも薄着をしない、睡眠は充分にとる、お酒は控える、軽い運動をするなどの工夫が大切です。
生理痛がひどい場合は貼るカイロなどを利用して下腹部や腰を温めると痛みが緩和されます。
入浴するのが難しいときは血行をよくする足浴がおすすめです。体が温まり疲れもとれ、気分がやわらぎます。