menu

0120-581-706

0120-581-706

※おかけ間違いのないようご注意ください。

電話での受付時間 9:30~18:30

まずはお気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせ

アーカイブ

月別アーカイブ:2021年11月

日常の養生

公開日:2021年11月30日

日常の養生

玄米食

玄米はビタミンやミネラルなどの栄養素、そして食物繊維が豊富である。食物繊維には「腸内洗浄機能」があり、腸内の不要な物質を排除させる作用がある。たとえば余分な中性脂肪やコレステロールなどを吸着し便として排出してしまう。腸は免疫機能と深い関係があり、食物繊維は腸を刺激することで、免疫機能を活性化させるのです。また、善玉の腸内細菌を増やす働きもあり、これも免疫力をアップさせる要因の一つです。

お笑いを見る

よく笑う、明るく前向きな人は病気になりにくい。また、病気になっても治療がうまくいくことが多いと言われる。 実際「笑い」はストレスや緊張を解きほぐし全身の血行を改善し、カラダ全体のコンディションを整えてくれる。これが、免疫力アップにつながってくる。特に免疫細胞(NK細胞)は笑うことでその機能が高まることも知られている。そのため、「笑い」は免疫力を強化する重要な要素の一つといえる。

歌って踊る

歌を歌っているときは、普段よりも息を大きく吸い込んでいる。これには深呼吸と同じく自律神経をリラックス側に調整する作用がある。また、リズムに合わせてカラダを動かすことで全身の血行を改善し、体温を上げることができるのです。このように歌や踊りには、自律神経の偏りを調整し、免疫力を高める効果が期待できる。

果物や野菜をたくさん食べる

野菜や果物にはミネラルやビタミンが豊富に含まれている。これらの成分は生命活動を維持するために必須の栄養素となっている。特にセレンや亜鉛、ビタミンA、C、Eなどは免疫機能を維持する上で、重要な働きを持つ。また、野菜や果物に多く含まれる植物繊維は栄養素の消化、吸収をゆっくりさせるため、カラダの状態を穏やかにリラックスの方向に傾けていく(草食動物をイメージしてみよう)。これにより、免疫力が発揮されやすいコンディションを整えてくれるのです。

カラダを温める

体温が下がると免疫力も低下する。しかし、逆にカラダを温めることで、免疫力を活性化することも可能です。ガン細胞は熱に弱いことが知られていて、体温を上げて病気を治すという治療法(温熱療法)もある。冷え症の人は、カラダを冷やさないようにすること、そして冷えにくいカラダを作ることが大切です。

ストレス

どんな生活を送っていても、多少のストレスはつきもの、大切なのは、「ストレスは生活の刺激剤」というくらいの余裕を持つことです。また、気を滞らせないようのするためには、マッサージや体操で「気の通り道」を刺激する方法もあります。わき腹を伸ばすようにストレッチする、といった方法。このとき、好きなアロマオイルを香らせて、深呼吸しながら行うとなお効果的です。

鍼灸療法

西洋医学と東洋医学(鍼灸)の疾病に対する考え方には大きな相違がある。西洋医学は解剖学、生理学、病理学、細菌学などを基礎として発展した医学であり、病院であり病因分析的アプローチが中心となり臨床検査を重視して病因をつきとめ生体に攻撃的な因子を分析し対応する診断学である。臨床検査で異常がなしであり診断がつかず、診断がつかなければ治療ができなくなる。すなわち病気とその病因を調べる事に重点がおかれ、病人その者を診ないので病気を治癒させられないことがある。一方東洋医学は症候と生体の反応を観察して対応する治療医術として発展した治療学でありその根本の考えは、病気は生体のホメオスターシスの乱れで発症するという認識に立脚している。生体の生理機能の歪みによる症候や病態をとらえて、その証を決め、証に対応する治療をほどこして生体の生理機能の回復をはかり病気を治療させる力(自然治癒力)をつけさせる。個々の局所病変に対応するのではなく生体全ての症候を観て、それに対応する治療をして、ホメオスターシスの失調回復をはかるのである。全身の不調が回復すれば局所病変も自然と治癒していくのである。

漢方の考え

食養生

摂取した食物をきちんと消化吸収し正気というエネルギーにかえるために、「規則正しく、腹八部目」で消化器を守ることが大切です。また、正気を補うためには単に「体を強くするもの」、「体にいいもの」を食べるのではなく、自分の体の弱点を見つけ、それを補う食材を選びましょう。正気不足は体が「寒がり」「暑がり」のどちらかにかたよっているので、食べるべきものが違います。寒がりは体を温めるものを、暑がりは熱をさます食材を積極的にとることで、その「かたより」の幅が自然に小さくなっていきます。

正気不足(加齢、抵抗力不足による)

そもそも漢方では「正気」(抵抗力など人間の生命活動を維持する力)によって、体の全ての生理活動がスムーズに行われると考えています。正気が不足すると病気と闘ったり、有害物質を体外に追い出す力も弱まってしまいます。正気不足に陥った体は、それだけで「病気になりやすい体」でもあります。 漢方では「人体の正気(抵抗力)」が衰えたり「実邪(体にとって有害なもの)」の影響で、体質が傾くと病気になると考えます。

西宮市、西宮北口駅から徒歩5分の漢方薬舗「幸梅堂」では、お一人お一人の身体にあった漢方相談をいたしております。
予約の方を優先させていただいております。
ご相談希望の方は「お問い合わせ」より電話、メールにてご予約、お問い合わせください。