menu

0120-581-706

0120-581-706

※おかけ間違いのないようご注意ください。

電話での受付時間 9:30~18:30

まずはお気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせ

動脈硬化

公開日:2022年03月01日

動脈硬化

動脈硬化

動脈硬化とは、「血管が硬くなる」状態のことです。これは、中高年になってから突然起こるものものではありません。ちょうど、水道管がサビるように、長い年月を経て、血管も加齢と共に硬くなっていきます。つまり、人は血管と共に老いるのです。動脈硬化になった血管の中は、血液中の過剰なコレステロールが蓄積し、粥状になったものが、血管壁に張り付いています。血液の通り道も狭くなるので、血流も悪くなります。粥状のコレステロールにより、血液が固まりやすくなると、血栓ができるのです。

どうして動脈硬化になるの?

動脈硬化は自覚症状がないままに進行していきます。動脈硬化の原因として、老化・高血圧・高脂血症・喫煙・ストレスなどがあげられます。

動脈硬化のすすみ方

1. 活性酸素などにより、動脈の内皮細胞に傷がつく。 2. その傷からコレステロールを食べたマクロファージが、死んだまま蓄積する。この死んだマクロファージが蓄積することで、血管壁が厚くなり、血液の通り道が狭くなる。その結果、血液が詰まりやすくなり、血栓をつくる。

マクロファージの働き

マクロファージは白血球の一種です。体に害を与えるものを排除するために、取り込みます。そして、体を守るのです。動脈硬化の場合も血管の細胞を守ろうとして、酸化コレステロールが多すぎて、やがて、血栓のモトとなってしまうのですね。

西宮市、西宮北口駅から徒歩5分の漢方薬舗「幸梅堂」では、お一人お一人の身体にあった漢方相談をいたしております。
予約の方を優先させていただいております。
ご相談希望の方は「お問い合わせ」より電話、メールにてご予約、お問い合わせください。