menu
漢方 幸梅堂 フリーダイヤル 漢方 幸梅堂 フリーダイヤル

更年期障害

閉経が近づく40代から50代は
精神的にも体力的にも疲れやすい時期です。
漢方の知恵で上手に乗り切って元気に過ごしましょう。

更年期

●更年期

閉経前後の10年ぐらいを更年期といい、この時期に起こる不快な症状を
更年期障害と呼んでいます。
40歳を過ぎる頃からホルモンの分泌が低下するため自律神経に影響が及び、
心身ともにさまざまな症状が現れます。
例えば、生理の不順や出血量の異常、突然の発汗やほてり、
耳鳴りやめまい、不安感やイライラ、さらには、うつ症状に陥る場合もあります。
更年期障害の症状は「不定愁訴」とも呼ばれ、人によって症状も多様で、個人差が大きいのが特徴です。

●「腎」と「肝」の機能の低下が原因

中医学では更年期障害はホルモンを司る「腎」の衰えに関係していると考えられています。また腎が弱まると
血液の貯蔵庫である「肝」にも影響を与えます。ですから、症状の予防や緩和には腎と肝を養うことが大切です。

●中医学からみた更年期の二つのタイプ

【肝腎陰虚タイプ】

(原因) 老化や慢性病、ストレスや心身の疲労などが原因で栄養不足となり
肝と腎の両方の陰液(栄養)が消耗しているタイプ。

(症状) 目の疲れやかすみ、めまいや耳鳴り、足腰のだるさやほてり、
発汗やのぼせ、顔面紅潮、皮膚のかゆみなど。

(処方) 不足したいる肝と腎の陰液を補い、体にこもった熱を冷まし、機能を高める漢方薬がおすすめです。

【肝気うっ血タイプ】

(原因) 精神的なストレスなどが原因で肝の気(エネルギー)の流れが悪くなってしまい、
血流や月経の調節などの代謝をはかる疏せつ機能が低下しているタイプ。

(症状) イライラや落ち着きがないなどの情緒不安、消化機能低下、のどのつかえ感(梅核気)
乳房の張りや痛み、生理痛、生理不順、不眠、便秘や下痢など。

(処方) 肝の疏せつ機能を高め、気の流れをスムーズにする漢方薬がおすすめです。
「肝気うっ血」が長引くと気だけでなく血の流れも滞って「お血」状態になり、
生理時にかたまり状のものが出たり、生理痛が重くなったり、子宮筋腫や卵巣腫瘍などの原因に
なることもあります。「お血」の改善は血流サラサラにもつながります。

●中医学からの食養生

更年期障害も他の病気と同様に普段の生活を改善することで、ある程度予防したり症状を和らげたり
することができます。病気は私たちの体の源となっている食事や運動、生活習慣などの積み重ねによって
生じると考えられているといます。

●更年期を明るく元気に迎えるために

更年期を明るく元気に迎えるために

誰にでも訪れる更年期を明るく元気に迎えるために、
まず腎と肝を養う食べ物をとるようにしましよう。
肝と腎を養う事は、生理痛や生理不順や
貧血や冷え性に悩む若い女性や更年期を迎える中高年の健康維持に効果的です。



補腎作用のあるミネラルが含まれているワカメなどの海藻類、アサリやシジミなどの貝類、ゴマや豆腐などは
毎日とりましょう。更年期には骨がもろくなりやすく骨粗鬆症の心配もありますから小魚、ひじき、切り干し大根などを
メニューに加えましょう。気のめぐりを良くする菊花やセリ、パセリまどの香りの強い野菜や、仙人の食べ物と言われる
クコの実は新陳代謝を高め、胃腸の機能を活発にします。
適度な運動が栄養の吸収を高めて新陳代謝を促進しストレスの解消のもなります。

幸梅堂ではお一人お一人の身体にあった漢方相談をいたしております。
予約の方を優先させていただいております。
ご相談希望の方は「お問い合わせ」より電話、メールにてご予約、お問い合わせください。