menu

0120-581-706

0120-581-706

※おかけ間違いのないようご注意ください。

電話での受付時間 9:30~18:30

まずはお気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせ

つらい季節の前の体質強化

公開日:2021年02月17日

「花粉症」つらい季節の前の体質強化

中医学では花粉症は大きく分けて内因と外因の二つの原因があると考えられています。一つは体質的な要因(内因)でもともと免疫力や抵抗力が弱い虚弱タイプの人。もう一つは環境的な要因(外因)で花粉などが侵入することでさまざまな症状がひき起こされると考えます。

体質改善のポイントは「補腎健脾益肺」にあり

花粉症はくしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状が特徴ですが、目のかゆみや充血を伴うこともあります。花粉症も大きく分けて二つのタイプがあります。

「表寒証タイプ」

無色透明で水っぽい鼻水で目やのどの症状があまりないタイプは体が冷えて水分代謝が衰えています。体を温めて余分な水分を除去する「小青竜湯」がおすすめです。

「表熱証タイプ」

粘り気のある鼻水、鼻づまり、目の充血やのどの痛みなどがあるタイプの人は体の熱を取り除く「銀翹散(ぎんぎょうさん)」がおすすめです。

体質を改善する根本治療のポイントは「脾を健康にして肺と腎の機能を高める」こと。 脾は消化器系全般を指し、虚弱体質の原因にならます。腎は免疫力や抵抗力を司ります。花粉症などのアレルギー性疾患は腎の機能を高める必要があります。

体質改善には胃腸を丈夫にし、呼吸器系のはたらきを高める「補中益気湯」や肺を潤し機能を強化する「八仙丸」などがあります。

家庭でできる花粉症に負けない体づくり

胃腸などの消化器系が弱い人は、冷たい飲み物や刺身、生野菜など体を冷やして消化機能を低下させる食べ物は避けるようにしましょう。油物、味の濃い物、甘い物も胃腸に負担をかけます。

滋養食品としては黒豆や大豆などの豆類は腎と胃腸の機能を高めます。他に胃腸を丈夫にする食べ物として鮭や鶏肉、ショウガ、ニラ、キャベツ、ジャガイモ、レンコンなどがあります。鍋料理によく使われるシメジやシイタケなどのキノコ類は免疫力を高めます。

カボチャやニンジンなどの緑黄色野菜に含まれるカロチンは粘膜を強化した抵抗力をアップしてくれます。クルミや山芋、ゆり根、ごまなども肺と腎の機能を補ってくれます。また、ストレスは免疫力低下の原因になります。日頃からハーブティなどを飲んでリラックスしましょう。

控えたい物と食品・・・お酒、タバコ、チョコレート、生野菜、刺身、アイスクリームなど

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31